貯蓄率はどれくらい?

こんばんは、ごんべ@貯蓄率について考える!です。

All Aboutさんの記事で貯蓄率についてがあったので、我が家の貯蓄率を比較してみようかと^^

↓の表は2020年の「家計収支編 総務省」より編集したみたいです。

ちなみに「2019年 家計調査 家計収支編」の年代別は↓になります。

表を見る限り、だいたい貯蓄率は32%位みたいですね。
二人以上世帯のうち勤労者世帯の家計収支(月額平均)なので、単身者は含まれていないのかな。

32%という数字を 多いと見るか、少ないと見るか・・・。
単純に収入が多い方が貯蓄率は高くなると思うので、見る人の収入によって変わるのかもしれん。
(手取り額の32%を貯蓄って、皆さん結構貯蓄しているのね^^;)

「ごんべ家の貯蓄率は?」

昨年(2020年)で見ると、ごんべ家の貯蓄率は46%位でした!
株トレードの利益が貯蓄率の数字を押し上げたのと、コロナ禍で「旅行・グルメ等」への支出が
かなり減ったのが貯蓄率が平均を大幅に超えた要因だと思います。

収入ー支出+(資産×投資利回り)

上記の式で金融資産が増減すると思いますが、「支出が減った」のと「投資利回りが高かった」
ということですね。

もう少し貯蓄率を上げたいと思う反面で、あまり無理をしたくないのも事実で・・・バランスが大事かなと。
平均よりも貯蓄率が上回っているのであれば良しとしよう!!!

お読みいただきありがとうございました@ごんべ
良ければ👇をポチっとお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です