FRB、量的緩和を無制限に

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57131090T20C20A3MM8000/

米連邦準備理事会(FRB)は23日、臨時の米連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、米国債や住宅ローン担保証券(MBS)の買い入れ量を当面無制限とする緊急措置を決めた。これまでは計7000億ドル(約77兆円)を目安としていたが、「必要量」に切り替える。消費者や中小企業の資金繰りを支援する新たな措置も発動し、ドル資金の目詰まり解消を急ぐ。

↑の発表があったのにダウが3%下落で終了!

FRBはできる事は全部したような・・・残る弾丸はあるのか?
これでダウが下がるのは想定外でしたが、これで下げ止まらないと結構怖いですね。
まぁ政策の方で民主党が協力しないのを催促相場なのかな?と思ってみたり。

↑HYGはリーマンショック(2008年10月)の値まで下がってますね。
米国は同じ事を繰り返さないため、資金供給は潤沢にしていますが・・・
まだ米ドル不足?
MMFから現金にするほどの信用不安なのは、日本で暮らしていると見えないところ。
4月から原油増産という事に歯止めがかからない&コロナで需要減少を考えると米国シェール企業はリグ止める(既に止まっている?)のかな。

さて日本の株はといえば、昨日も海外株は軒並み下がったのに日本株だけ上昇(笑)
もともと日本は株価が低い位置にあったこと、3月の配当取り、日銀等のETF買取、コロナの感染状況が緩やか、等々で日本だけ投資マインドが冷静なのかな?
もう一段の下げがあると考えていますが、とりあえず朝の寄りでダブルインバースは全て損切りしました。

ドル需給が落ち着けばこれから円高方向に戻ることも考えられることと、配当取りが終わったあとの日本マインドを考えると4月の雇用統計あたりで再度ボラティリティが大きくなりそう;;

どっちにしろ、ごんべはデイ取引が出来ない環境のため、ある程度相場が落ち着くまでは
お試し買いくらいのポジションだと思います。

お読みいただきありがとうございました@ごんべ
良ければ👇をポチっとお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ジランドール