新型コロナウイルスとBCG

https://blogos.com/article/446483/?p=1

ざっくり結論を言うと、BCGの接種が行われている国では、COVID-19の広がり方が遅いという「相関性」があることについての指摘である(注:「相関関係」があるからといって「因果関係」があるかどうかはわからない)

↑の記事が興味深かったです!

「BCGワクチンが効果がある」という噂?があったのですが、都市伝説くらいに考えていました(笑)
でも上記の記事を見て、うーん効果あるかもしれん!と考えを改めましたよ。。。

BCGの接種により、免疫状態がエピジェネティックに変化するらしい

↑が本当なら、確かに終生免疫として機能しますね。
BCGワクチンの効果を疑問視していたのには、免疫機能は数十年も持たないと考えていたことが一番なのですが、疫状態がエピジェネティックに変化するのであれば効果が持続できる訳です。
いやー面白い。

「相関関係」があるからといって「因果関係」があるかどうかはわからないとしていますが、コホート研究としては興味が持てます。

何かの記事で、ヨーロッパでBCGワクチン接種を始めたとか見たような?
ワクチン開発には時間がかかる(早くて1年とか)ので、現在のワクチンで効果があるものを流用するのは効果的かつ現実的な対応だと思います。

日本も70歳以上はBCGワクチン接種をしていないみたいなので、「希望者」はリスクを許容できれば公費で接種できるようにすれば良いのにと思いました。

これで感染が少しでも少なくなれば良いと思います。
もしくは感染しても軽症で収まれば「集団免疫」が出来て流行が抑えられるはず!
経済がストップしている状態では、少しでも早く経済が回るようにできれば良いですね。

お読みいただきありがとうございました@ごんべ
良ければ👇をポチっとお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

ジブリの法則