中国1~2月主要統計、軒並みマイナスに

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56820430W0A310C2MM0000/?n_cid=BMSR2P001_202003161100

中国国家統計局が16日発表した2020年1~2月の主な経済統計は軒並み伸び率がマイナスになった。百貨店やスーパー、電子商取引(EC)の売上高を合計した社会消費品小売総額は前年同期比20.5%減だった。統計開始から初めて伸びがマイナスだった。マンションや工場の建設を示す固定資産投資や工業生産も初めて伸びがマイナスとなり、過去最低だった。

当たり前だけど酷い数字ですねぇ。
中国の発表ということで本当の数字なのかは分かりませんが・・・。

当然、今後において各国の発表も同様に「〇〇減」が予想されるわけで。。。
その度に下がるのか?折り込み済みという魔法の言葉で上げるのか?
治療薬が出来ていて終息方向になっていれば折り込み済みもありですかね。

日経平均の予想PERは年初14倍台から 10.84倍まで低下しているようです。
そしてPBRで見ると、13日は 0.84まで低下しているようですね。
そして買い方は「今が底」「今が買い時」となるわけで・・・。
でも、来期の数字は本当に良いのでしょうかね?
PBRも持ち株が下がれば実質の資産は下がりませんかね。
個別株で影響を受けない(影響が少ない)株は割安なのでしょうけど
多くの日本株は影響を受けると思われますが・・・。

企業分析が出来る人は良いのですが、「今が底」と買っている人は
本当に底なのかを今一度確かめた方が良いのかな?
と本日の中国の発表を見て思いました。

ちなみに「ごんべは企業分析が出来ません」・・・残念!


お読みいただきありがとうございました@ごんべ
良ければ👇をポチっとお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です