個人事業主@持続化給付金

※ごんべは個人事業主ですので、今回の給付金に関しては注目しています!

持続化給付金とは?

「持続化給付金」は、新型コロナウイルス感染症拡大により、大きな影響を受ける事業者・個人事業主に対して支給される、事業全般に広く使える給付金です。 令和2年度の補正予算成立後に申請できるようになります。また、申請に必要な事項の詳細については、4月最終週を目途に確定・公表するとしています。

対象となる事業者について。

新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年同月比で50%以上減少している者が対象です。
資本金10億円以上の大企業を除き、中堅、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者を対象とする予定です。また、医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人など、会社以外の法人についても幅広く対象とする予定です。
詳細は決定され次第速やかに公表いたします。

給付金額の計算方法について(売上の期間等)

給付額は、原則、法人:200万円、個人事業者等:100万円
ただし、前年からの売上の減少分(計算式は以下のとおり)を超えないものとする。
■減少分=(前年の総売上(事業収入))-(前年同月比▲50%月の売上×12か月)
※上記を基本としつつ、昨年創業した方などに合った対応も引き続き検討しています。
※2020年1月から2020年12月のうち、2019年の同月比で売上が50%以上減少したひと月について、事業者の方に選択いただきます。

↑現在(4/19)までに変更のニュースは出ていないため、持続化給付金は上記の内容でこのまま行きそうですね。
ごんべは個人事業主ですから、上記条件で「売り上げ減少」していれば貰えるようです。
「売上が前年同月比で50%以上減少している者が対象」とあるので、多くの個人事業主が対象になるのでは?と思います。

個人事業主は800万円くらいに法人成りの分岐点?があるようで、多くの個人事業主は
売り上げ800万円以下と考えると、今回の最大100万円給付はかなり助かります!

しかし、今回のコロナ禍の影響は個人事業主には甚大で金額以上の被害を受けている人が大勢いると思います。
感染の影響が短期で収まることは考えにくく、集団免疫が獲得されるまでコロナ禍の影響は続く可能性が高そうです。
ごんべもリスク管理の観点から契約先を増やそうと思っています。
あまり仕事は増やしたくないのですが・・・収入0ではさすがに困るので^^;
今はリスク管理優先です!


お読みいただきありがとうございました@ごんべ
良ければ👇をポチっとお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

WTI原油が下がりましたね