週間パフォーマンス

6月の第4週のパフォーマンスは、週次+40,233円(月次+2,456円)となりました。
これで年初来で+149,433円(+1.49%)です!(※長期投資@日興証券を除く)

今週のごんべPFは、プラスで引けました^^;
印象としては「マイナス」が強かったのですが、金曜日の上昇に助けられた感じです。

なんとかプラス圏をキープしていますが、厳しい展開が続いています。
ここからポジションを膨らましていくのを、一度大幅下落があってからと考えているのですが
なかなか「大幅下落」が無いのよね^^;

年間利益率10%(100万円)を目指しているので、SBI証券のパフォーマンス的には全くダメダメなのですが・・・。
他の証券会社のパフォーマンスもあるわけで^^;
今週は「日興証券@長期投資枠」を全部利確したので税金分が引かれて「見かけのパフォーマンス」は下がったのですが、TOTALのパフォーマンスには貢献しています(笑)
そして「IPOの利益」も少しはあるので、年間利益率もまだまだ何とかなるかもしれん!

独り言

お金を刷りまくった「ジャブジャブマネー」が資金の行き場を探している状態ですが、一定量は債券に移動しているのが「金利が上昇しない理由」とも言われています。

個人的にはテーパーリングが始まれば金利は上昇すると思っていますが・・・
オーバーシュートする可能性は低そう^^;

「株価下落を許さない世論」は異常だと思いますが、アメリカは人口の大多数が「投資」をしているので異を唱える人が少ないわけで・・・。
そして株価上昇は強いアメリカを意味するし、ドルが強いことを黙認できるのは内需で成り立つ国ならではでしょう。

となると、「米国に投資」をして「デフレで安全な日本に住む」のは最適解なのかもしれん!と思ってみたり。
円安になれば「ドル資産が輝きを増す」わけで、生活防衛さえ出来ればデフレだろうが円安だろうが享受できそう。

時間軸を10~30年くらいで考えれば、一番強い国(経済成長+政治安定)へ投資するのは「理にかなっている」と考えますが、自動車業界がEVに置き換わった時に「日本の国力」というものの源泉をどこに置くのかを考えないと駄目な時代になるような気がします。
今の政治システムでは・・・加速度的に国力低下する可能性を否定できないかも;;
今の内からコツコツ対策をとっていかないとね^^;




お読みいただきありがとうございました@ごんべ
良ければ👇をポチっとお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です