完璧な FIRE を求めるのは無理がある?

こんにちは、ごんべ@完璧なFIREを求めるのは無理ゲーじゃね?です(笑)

穏やかな天気の日曜日、FIREについて少し考えてみました!

・そもそも日本で5%(税引き後4%)で運用するのは厳しくないか?
 そして外国株の運用では為替差損を考慮しないとダメだよね。
まぁ米国のS&P500で資産したら大丈夫という前提になるのかもしれませんが・・・。

実際にFIREを達成している人のブログ・書籍を見ていますが生活費が驚くほど安いのよね。
何というか「もともと生活費が安い人がFIREしたのか」「FIREを達成するために生活費を安くしたのか」
ということを考えちゃいます。

そして一番考えるところは、「その人生で満足なのか?」ということですね。

大卒初任給くらいの生活費で過ごして「満足度の高い生活なのか?」というのは、素朴な疑問として
考えるところです。

私自身、↓のようにFIRE的(減らないお財布)なことを目指していますが、

仕事(サラリー)を完全に辞めて
「生活費を落として」FIREを目指すのはコロナ禍を経て「違う」という結論に至っています^^;
(個人の人生観なのでFIREを否定しているわけではありません!)

実際にコロナ禍で、ほぼ労働しない生活を8ケ月位していたのですが
「うーん、こりゃ向いてないな」と実感しました。
コロナ禍で強制的に「質素な生活」になっていたのですが、「人生の満足度」という観点で考えると
やはり厳しいものがありました。

そもそも完璧なFIREでは
生活費20万円/月(240万円/年額)・・・25倍×240万円=6000万円
生活費30万円/月(360万円/年額)・・・25倍×360万円=9000万円
生活費40万円/月(480万円/年額)・・・25倍×480万円=12000万円

上記の計算式で、それぞれの生活費によって目標貯蓄金額が決まっています。

一般的な社会人であれば、貯蓄は6000~9000万円程度が目標になるのかな?と思います。
(資産1億以上の人は株式利益でブーストした人が多いと思う)

さて、ここで考えることは「生活費20万円」で質素な生活を送るのか?
月収20万円程度働いて「生活費40万円」で普通の生活を送るのか?
ということです。
(住んでいる地域で生活費は違うと思うのですが、東京だと20万円ではかなり質素な生活かと)
ちなみに月収20万円は、時給2000円で週3日働く位ですね。(税引き前ですが・・・)

私は後者の価値観を選んだのですが、それなりにメリットもあるのかなと思っています。
ちなみに後者を「サイド FIRE」というみたいですね。
(もしくはhalf FIREかな)

サイドFIRE(half FIRE) の現実味とメリット

以前の日記にも書きましたが

1.目標貯蓄額が半分で良くなる。(達成までの時間が半減される!)

2.リーマンショック級の暴落が来たら、増税が来たら、インフレが来たら、というような
 リスクに対しては「働く時間」を増やして対応したら良いので未来に対してストレスが少なくなる。

3.適度な労働は「強制運動」になるので健康にも良い!(これは個人的な見解ですが・・・)

等々のメリットがあるのかな。

個人的には「2」の部分が大きくて「お金が減る不安」と向き合うのが「私は苦手」なのかな
と実感しました(汗)

実際に週3日でも働いていれば、お金が足らなくなって働くことになったときに「働く時間」を増やすことは容易だと思いますが、例えば5年間の仕事ブランクがある人などは「そもそも採用されない」こともあるので意外と週3日でも働くことのメリットの一番はこの辺かもしれませんね。

個人的には銀行の定期預金(1000万円まで)以外は、リスクの無い商品は無いと思っています。
つまり「リスク≒ストレス」になるのがコロナ禍で実感したことです。
そして「仕事のストレス<FIREの将来ストレス」になるようであれば、ストレスの少ない環境の仕事を探して「生活費を倍にするサイドFIRE」を目指すのが最適解だと結論しました。

まあ問題はストレスの無い仕事(職場)などない!ことで、「ストレスの無い仕事≒給料が安い」という
ことですね(笑)(ここを議論すると堂々巡りになりそうですが・・・)
週3日程度のストレスの少ない仕事で月収20万円を確保して、配当などの不労所得で月収20万円を得る。
そして月40万円の生活費でサイドFIREが「攻守のバランスが取れている状態」という結論です。

最終的には「個人の価値観」・「人生観」などによって満足度は違うのでそれぞれの目標で良いと思います!
※何度も書きますが、FIREを否定している訳ではありませんのであしからず!

お読みいただきありがとうございました@ごんべ
良ければ👇をポチっとお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ


完璧な FIRE を求めるのは無理がある?” に対して4件のコメントがあります。

  1. deds より:

    もうアラフィフだったら年金もらえるまでの必要生活費は計算できるし、資産減らしてもいいと思うよ。減らさないようにするからどんどんハードルが上がってしまうのであって
    若くしてFIREする場合や、アメリカのように年金制度が弱い場合は減らすのは怖いと思うけど

    1. ごんべ より:

      deds様
      コメントありがとうございます。
      仰る通りアラフィフならある程度の計算はできますよね。
      これが独身ならその通りなのですが、パートナーの事を考えると資産を残してあげたいという気持ちもあって・・・^^;
      たぶん単身なら死ぬまでに使いきれないと思いますが、なかなか難しいところです。

  2. tth より:

    deds氏のコメントは、残す分は年金受給してから作るので良いって話では?

    1. ごんべ より:

      tth様
      コメントありがとうございます。
      そうなんだ・・・。
      私の理解力が低くてすみません^^;
      年齢の上昇(60歳以降)に伴って稼ぐ力は下がっていくので、年金受給してからの対応では少し不安かも;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です