30代半ば~50代半ばの世帯所得 20年余前と比べ100万円超減少

こんにちは、ごんべ@日本は大丈夫か?です。
2~3日前のニュースで、かなりショックな内容だったのが下記です。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220303/k10013512681000.html

世帯の所得の中央値は、いわゆる「就職氷河期」世代を含む35歳から44歳の世代では104万円減少していたほか、45歳から54歳の世代では184万円減少していたとしています。

「平均値」であれば上位層が引き上げる「数字のマジック」もあるのですが・・・今回のデータは中央値!
この中央値のデータで184万円減少は衝撃的でした;;

実際に内閣府に報告されたデータを見たのですが、このデータを出して結論をどこに誘導したいのか?
どう考えても「財政出動&減税」だと思うのだが・・・。
もし岸田政権が目指す「PB黒字化&増税」なんてことになったら、本当に日本が発展途上国レベルまで衰退しちゃうんじゃないか?と真面目に考えてしまう;;

ちなみに資料の中で気になったのが↓

中央値のピークがこれほど下方にシフトしているのは・・・絶句です。
世帯収入で中央値が374万円とは。。。
そりゃ車も買えないし、外食も控えるよなぁ。
デフレになるべくしてなったと思った。

そして、年齢別のグラフが↓

特に酷いのが「35歳から44歳の世代で104万円減少、45歳から54歳の世代では184万円減少」の部分。
45歳から54歳の184万円減少(697万円→513万円)は、もう取り返しがつかない年代だと思うのですが・・・。
国はどうやって軌道修正するのでしょうか?

正直、中央値が513万円だとマス層の人たちがほとんど貯蓄出来ないんじゃないかな?
(所得ってことは、ここから税金引かれて手取りは更に少ないということ!)
なんか日本人って真面目に頑張って働いていると思うのだが、その対価がこれほど酷いとは思わなかった。

そして単身者にフォーカスしたグラフが↑になります。
ここでも中央値が200万円下がっているのよね><;

うーん、今後結婚しようと思っている人はこのデータを見てパートナーにどういった人を求めるのか?
少子高齢化、晩婚化、と直接的に結びつけるは違うのかもしれないけど・・・関係無いとは言い切れないと思うのだが。。。

10年後、20年後の日本がどうなるのか?

このグラフがこのまま10年、20年とスライドしたら、かなり悲惨な未来しか見えないのですが・・・;;

年金だけで暮らせるのか?
「生活保護>>>年金生活者」
というのが知れ渡っているので、生活保護者が激増するのでは?

「ベーシックインカム」というと誤解があると思うけど、生活保護のシステムを変えないとダメだと思うのと、所得を上げるために財政出動して需要を作り出して経済回さないと。。。

うーん、このままでは節約して真面目にコツコツ貯めた人に課税される未来しか見えん。
「キリギリスが優遇されてアリが搾取される」という構図が嫌だわ。

ネットで下記↓の書き込みがあったのだが

日本の貧困者は薬物もやらず、犯罪者の家族でもなく移民でもない。教育水準が低いわけでもなく、怠惰でもなく勤勉で労働時間も長く、 スキルが低いわけでもない。世界的にも例の無い、完全な「政策のミス」による貧困だと。

本当にそう思えるのが辛い;;

なんか岸田政権になってから「暗い未来しか見えない」のよね。
日本には「坂の上の雲」が必要だと思う今日この頃です^^;


お読みいただきありがとうございました@ごんべ
良ければ👇をポチっとお願い致します!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

30代半ば~50代半ばの世帯所得 20年余前と比べ100万円超減少” に対して1件のコメントがあります。

  1. deds より:

    30年前からずっと暗かったんだよ。今に始まったことではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。