ANAマイルへの交換

・ダイナースポイントをANAマイル → ANAコインへの交換を備忘録として記載します

【現在のダイナースポイントのANAマイルへの移行条件】
移行レート:1,000ポイント= 1,000マイル
移行までの所要日数:通常5営業日以内
年間移行マイル集計期間:12月21日~翌年12月20日
年間移行マイル数の上限:40,000マイル

年間参加料(税別) 6,000円
本サービスは1年ごとに自動更新されます。マイル移行の有無に関わらず年間参加料は毎年請求されます。

↑にあるように年間参加料があるので、なるべく効率良く交換したい。
1年間の間であれば、何回でも交換できるが上限4万マイルがある。
つまりマイル集計期間を挟んで4万+4万の8万マイルを年間参加料6000円で
 交換するのが一番効率が良いことが分かる。

※この年間参加料は、交換終了後に解約の手続き(12月20日まで)をしないと来年(12月21日から)も自動で引き落とされてしまうので注意が必要!

ANAマイル → ANA SKY コインへの交換

・ANAマイル → ANA SKY コインは1マイルから交換ができる。
 そして交換するマイル数や、会員ステータス/カード種類によって交換率が違う!

ANAカード(一般)の交換率は

交換マイル数交換後コイン数
1~9,999マイル1~9,999(1倍)
10,000マイル12,000(1.2倍)
20,000マイル26,000(1.3倍)
30,000マイル42,000(1.4倍)
40,000マイル60,000(1.5倍)
50,000マイル~
200,000マイル
75,000(1.5倍)
300,000(1.5倍)

上記になります。

ちょうど4万マイルが1.5倍となるため、4万マイルを基準に考えたいと思います。

ANA SKY コインの有効期間

「ANA SKY コイン」の有効期間は交換月より、12カ月目の末日になります。
(例:4月1日発行のANA SKY コインは、翌年4月30日まで有効)

 ※ つまり月初の交換の方が、月末まで微妙に有効期限は長くなる(笑)

【まとめ】

・ダイナースポイントは4万+4万を12月20日を跨いだ1年間の間に交換するのが手数料を圧縮できる。

・ANA SKY コインは有効期限が約1年間である。
交換率を1.5倍にできれば、6万+6万=12万コイン(12万円相当)が交換利用で得られる年間最大ポイントとなる。(※ ANA一般カードの場合)

・同時期にまとめて使いたい場合は、ある程度12月20日を挟んだ短期間でマイルに交換した方が良い。
 特にまとめて使う予定がなければ、SKYコインは有効期限を考えて交換していくのが良いと考える。

お読みいただきありがとうございました@ごんべ
良ければ👇をポチっとお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

9418 USEN-NEXT HOLDINGS

次の記事

ブログの引っ越し