原油急落、信用リスクに波及懸念 マネー目詰まり警戒

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56558310Z00C20A3MM8000/?n_cid=TPRN0026

9日の金融市場では新型コロナウイルスの感染拡大で始まった混乱が新たな局面に入った。原油価格が約3割安と急落し、ショックは円相場の1ドル=101円台までの急伸や、日経平均株価の2万円割れにつながった。原油安はエネルギー企業や新興国の信用リスクに直結し、低金利のなかで膨張してきた債務の問題に飛び火しかねない。人やモノの動きの停滞だけでなくマネーの目詰まりに懸念が広がってきた。

クレジットクランチ?

金融危機の面が囁かれているのが怖いんだけど。。。
原油の急落で、WTI40を切ると危ないと言ってたのが30前半まで下がってるし。
イタリアの株式の落ち方がジェットコースターです。
サーキットブレーカー発動した方が良いレベル。

リーマンショックとの違いは、現状フルポジで戦っている人は少なくて協調介入できる
資金はあるんですよね。

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-france-economy-idJPKBN20W1DA

仏財務相、「欧州は協調して大規模景気対策を」 新型ウイルスで

↑のようにQEを発動したら下げは止まると思います。
今週のSQまで下げて、その後上げに転じる可能性を考えたいところです。

まぁ日本は円高が足枷になっているし、オリンピックが中止or延期がコンセンサスになりそうだし、人口密集度が高い国なのでコロナの終息は夏までかかりそうだし・・・
よほど財政出動かけないと下がり続けそうだが、どうなんでしょう。

とりあえずボラティリティが大きすぎてノーポジ継続かな(笑)

お読みいただきありがとうございました@ごんべ
良ければ👇をポチっとお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

らぁめん小池

次の記事

2番底?